So-net無料ブログ作成

get things done

人は皆

それぞれの地獄を背負い生きれり

 

新緑の季節

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

新入学 新学年の時期であります。

希望に満ちた季節というのは 建前であり

実際は 新しい環境になかなか馴染めずに苦労している人のほうが

むしろ多数派ではないでしょうか。

わたくしも

中学入学、高校入学、大学入学、新社会人生活と

過去を振り返ると 4月は憂鬱な時期が多く

楽しかった印象はあまりありません。

 

ついつい 「去年に戻りたい」とか「あの頃は良かった」などと

思ったり 口に出したりしがちです。

そんなとき

「前向きにがんばれ!!」 とか

「とにかく行動してみろ!!」 とか

「元気だしていこう!!」 とかとか

言ったり言われたりしがちですが

多くの場合 無駄 いや むしろ 逆効果になってしまいます。

 

わたくしも30を過ぎて 遅まきながら

果てしない闇も 永遠の光も ない

と思えるようになってきました。

 

じゃ 心に希望が起きないときどうすれば良いのか

徳川家康は「困窮したときを思い出すべし」と言っていますが

わたくしは「待つこと」だと思います。

いつか心が希望で充たされるような日が確実に来ます。

 

まったく何もせずに待つのは もったいないので

音楽を聴くもよし 

読書をするもよし

映画を観るもよし

海岸沿いを走ってみるもよし

ネコとたわむれるもよし

 

まあ、ちょっと最近やる気ないけど これくらいならやってもいいか…

的なことをしながら 待てば良いと思います。

心も結局は 身体と同じで 働かないときは

どうやっても働かないんじゃないかという気がします。

 

長文になってしまいました。

「いまこそ 努力だ!!」 毎日 言っている気がしますが

いまひとつ… いや… まったく やる気が起きない自分を

肯定してやることも 時として 必要なのかと

それも 人生の一部なのかと 最近は

思いうしだいです。

 

北浦和教室 安藤晃

 


nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

saitama

ナイスっすか!?
そりゃ ないっす…
なんつて………
by saitama (2009-04-23 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。